Niigataイイとこ

新潟での起業を支援する経営コンサルタントです

地域活性化に必要なこと

 

日本全体で人口減少と高齢化が急速に進んでいます。

地域経済における人口減少・高齢化の進展は、需要面からみた経済活動の停滞や、地域の文化・伝統・教育の担い手の不足という懸念をもたらしています。

 

このような環境変化が進む中、地域経済の担い手たちは、地元の将来に対して強い危機感を持っています。しかしながら、多くの人々は、現状を改善しなければいけないとい意識は高くても、具体的に何をすべきかわからないと悩み、どうすれば成功するかを模索しているというのが現状です。

 

大事なことは、地域の人々が地元の経済の状況を冷静に見つめ、危機感を共有し、自主・自立への術を考え、必要な策を実行していくことである。地域活性化の実行は、それぞれの地域が自らの手で「地域グランドデザイン」を描くことが重要です。

 

そのなかで、地元企業の役割は大きいと考えます。地域経済の活性化においては、そこに生活し、拠点を据えて活動している企業が地域経済発展の担い手として活躍することが求められます。

 

地域に根ざす企業の多くは中小企業である。この中には、規模が小さくとも独自の高度な技術やアイディアを持ち、活力にあふれ、発展している企業も多い。このような企業を支援する体制、メディアも積極的に取り上げることが重要です。

 

 

 

また、どうしたら地域が活性化するか、を考えるなかで、いかに「人々が集まるプラットフォームを作る」が大切です。そこに集まる一番の目的が教会なのかオフィスビルなのか・・・何でもいいです。

 

大事なことは自然と人々が集まるプラットフォームを作ること。そして、目的となる場所に行くまでに飲食店や本屋など様々なお店などがあることで、人々が注目する。

そのことが、さらに人を呼び、地域が活性化していくと思うのです。

 

このプラットフォームを地方自治体と地元企業が協力してつくることが地域活性化に必要でしょう。